消費者金融は契約です

消費者金融でお金を借りるには契約が必要です。

契約は必ず守らなければならない約束です。契約を行うと、お金を借りる権利と同時にキチンと返済する義務が発生します。

契約を行うということは、そのキャッシングの内容に対して責任を持つと言うことです。
なので、消費者金融の契約を行う際には、必ず契約内容を守れるのかをよく考えることが大切です。

消費者金融では、契約どおりに返済していくことが借りた人の信用を高めることになります。
一度信用を失うと他の消費者金融やクレジットカードを利用できなくなることもあるので、注意が必要です。

契約は、お金を借りる人と貸す人との合意で成立します。契約が成立すると、契約内容について権利と義務が生じます。一方的な理由で契約を解除することはできません。

消費者金融で契約を行った場合に交付される契約書は必ず受け取り、大切に保管する必要があります。
また、契約書はよく読み、分からない点は質問して、納得してから契約を結ぶようにしましょう。

HOME > 消費者金融は契約です