消費者金融でお金を借りる

消費者金融でお金を借りるということは、信用をもとにお金を貸してくれるシステム。
それが「消費者金融=キャッシング」です。

使いたいお金は、自分で働いて稼ぐのが基本です。欲しいもの、買いたいものがあるときは、
お金を貯めてから購入するのが理想です。
しかし。。どうしても早くお金が咲きに必要な時もあります。。。
そんなあなたに役立つのが消費者金融です。

消費者金融で融資を受けることはキャッシングとも呼ばれ、信用を担保にお金を貸してくれるシステムです。ですから、融資を受ける際には返済ができるかどうかの審査があります。
この信用の裏付けとなるのは、借りる人の年齢、職業、収入、他社借入件数、過去の利用履歴などが上げられます。

消費者金融の中でも、銀行グループが行っている貸金業があり、(三井友銀行グループ、新生銀行グループなど)特徴としては、融資額が大きく金利も低めという商品設計となっています。ただし、審査基準が消費者金融大手よりも「厳しい」というのが現状のようです。

消費者金融の事業特性

消費者金融の利用者の借入動機などからみた消費者金融会社の特性には、
4つの「S」があります。
1.即時性(Speed):迅速に融資判断をしてくれるか
2.利便性(Simple):商品内容・利用面・サービス面などで使い勝手が良いか
3.秘匿性(Secret):プライバシーが守られるか
4.安全性(Safety):安心して利用ができるか

消費者金融のサービス特性

1.即時審査(申込みからカード発行まで短時間)
2.手数料は一切不要
3.繰り返し利用できるリボルビング方式の採用
4.顧客の計画に合わせた自由返済システム
5.利息は日割りで後払い
6.自動契約機等による、土日・祝日の申込み受付
7.充実したCD/ATMネットワーク

消費者金融は、消費者信用のひとつです

消費者信用は、直接お金を貸し出す「消費者金融」とショッピングなどを通して利用する、一般的にクレジットと呼ばれる「販売信用」に分類され、消費者金融サービス事業とは、「消費者が個人で消費する財やサービスの債務に対して、消費者の信用を担保にして金銭を直接貸し付ける事業」と定義されています。

消費者金融は、消費者向け小口・無担保ローンを主力商品に、貸付から与信管理・債権管理まで独自のノウハウを構築し、融資を行ってきました。民間の金融機関と比較して、金利が高い部分もありますが、信販会社・クレジット会社とは同水準となっており、与信・返済・サービス面では有利な面があります。

消費者金融事業を行うには「貸金業規正法」で定められている、国または都道府県知事の登録を受けなければならず、その登録番号は事務所や広告に表示をする義務があります。消費者金融を利用する際には、必ず登録番号を確認しましょう。